料理下手さんの簡単レシピ
料理苦手&料理嫌いな私が簡単シンプル料理をご紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ふえるわかめちゃん」コンソメジュレ
          コンソメジュレ


材料
ふえるわかめちゃん 1g
春雨 10g
卵 1/2個
スープ 固形コンソメ 1個
     水 300cc
     クレイジーソルト 少々
     胡椒 少々
ゼラチン 7g(5g+2g)
片栗粉 小さじ1/2
パセリ 適量

※顆粒コンソメの場合は小さじ2を使います。
※クレイジーソルトがない場合は普通の塩で代用可能です。


作り方
1.ゼラチンを5gと2gにわけ、5gを水大さじ1(分量外)、2gを水小さじ2(分量外)でふやかしておく。
2.ふえるわかめちゃんを手で粉々に砕いておく。
3.ボウルに「1」と春雨を入れ、熱湯をそそいで戻したらザルにあげてしっかりと水気を切っておく。
4.鍋に水を沸騰させ、コンソメを完全に溶かしてから、クレイジーソルト、胡椒で味をととのえる。
5.味が決まったら「3」から100gほど別の鍋(もしくはボウル)に移す。
6.もともとの鍋に「2」を入れ軽くひと煮立ちさせたら火を止め、「1」の5gのゼラチンを入れて予熱で完全に溶かす。
7.「6」を器に流し込んで冷蔵庫で表面を固まらせる。
8.表面がうっすらと固まってきたら「5」の100g移した方のコンソメを沸騰させ、水大さじ1(分量外)で溶いた片栗粉を入れる。
9.強火で沸騰しているところで溶きほぐした卵を流し入れ、ふわっと固まったら火を止めて「1」の2gのゼラチンを入れ予熱で完全に溶かす。
10.「9」を「7」にそっと流し込み、上にパセリを散らしたら冷蔵庫で完全にかたまらせて完成。

※春雨が長いときは熱湯で戻す前に3、4cm程度の長さに折ってしまいます。あんまり長いと食べるときにかたまりになってしまって食べにくいです。
※春雨とふえるわかめちゃんの熱湯による戻し時間が違う場合はボウルに春雨、茶漉しなどにわかめちゃんを入れ、茶漉しごしに熱湯を注いで春雨、わかめちゃんが同時に熱湯に浸かってる状態にします。わかめちゃんは熱湯の場合2分ですので2分したら茶漉しだけ取り除けば、春雨はそのまま戻し時間を続けることができます。
※「7」はちょっと表面が固まるくらいの方ができあがりがキレイになります。
※レシピ的に長いような気がしますが、簡単にまとめると普段作るコンソメスープをゼラチンで固めるだけなんで卵を入れないっていう人は1回の作業だけで終わっちゃいます。わざわざ2層に分けた理由は、卵も全部混ぜちゃうとゼラチンを溶かす作業のせいで卵が散らばりすぎて透明感がなくなっちゃうからです。


レシピブログのモニターで「ふえるわかめちゃん」が当たりましたピース
ということで早速夏にピッタリの冷たいコンソメジュレを作ってみましたハート(赤)
乾物ってうちは大抵何かストックがありますね~。
乾物って「わかめ」「ひじき」「切り干し大根」「高野豆腐」「干しいたけ」「はるさめ」など色々な種類がありますが、うちで一番よく使うのは干ししいたけかなぁ?
「ダシ」を使う料理って多いでしょ?
干ししいたけはダシを取るのに凄く便利なんですキラキラ
乾物を使った料理は月の半分、大体15日くらいは何か作ってます。
でもダシで使うことを考えるとほぼ毎日使ってるようなものかも・・・・
お弁当のおかずとして作り置きして冷凍庫保存っていうのもありますね笑う
普段、乾燥わかめをスープや味噌汁を作るときは戻さずにそのまま入れちゃってます。
今日はゼラチンでかためなきゃいけなかったんで、そのままだと水分量が変わっちゃうということで戻して使いました。
乾物って保存ができるし、使い方も簡単でほんと助かりますよねハート

レシピブログの、わかめ、ひじきなど乾物を使ったアイデアレシピ☆
スポンサーサイト

テーマ:グルメ情報!! - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。