料理下手さんの簡単レシピ
料理苦手&料理嫌いな私が簡単シンプル料理をご紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥ハム
          鳥はむ


材料
鶏ムネ肉 1枚
蜂蜜 大さじ1
黒胡椒 適量
塩 小さじ1
酒 大さじ1

※蜂蜜は砂糖(上白糖や黒砂糖、三温糖など)小さじ1でも代用できます。

作り方
1.鶏肉全体に蜂蜜、塩、胡椒の順で塗りこんでいく。
2.満遍なく塗り込めたらラップやジップロックなどで空気が入らないようにして鶏肉を包み、冷蔵庫で2日間以上寝かせる。
3.水気が出て鶏肉がかたくなったら水で洗い、ボウルなどに1.5%くらいの塩水(1Lの水に15gの塩)を入れ、途中水を2回程度変えながら1時間以上塩抜きする。
4.鶏肉を少し切って電子レンジでチンしてみて塩加減がちょうどいいようであれば水分をしっかりとふき、酒(お好みで胡椒やスパイスも)をふりかけ、皮を外にした状態でラップでキャンディー状に包み、タコ糸で縛る。
5.蒸し汁がこぼれないように包んだら蓋付耐熱容器に入れ、電子レンジで約3分温める。
6.蓋をした状態で冷まし、冷めたらジップロックなどに蒸し汁ごと入れて冷蔵庫で半日~1日寝かせたら完成。

※「2」の寝かせる日数は「鶏肉から水気が出てかたくなるまで」「鶏肉に透明感がでてくるまで」などが目安です。使う鶏肉の状態で水気が出ないこともありますが、しっかり塩漬けがされてればちゃんとできるので大丈夫です。
※「3」の塩抜きは塩分が多いほど塩抜き時間も長くなりますし、塩辛さを抑えたい人は長めに塩抜きしてください。
※皮はついたままでも取ってからでも調理できますが、ついたままの場合はレンジに入れる前に皮に穴をあけるようにします。
※皮があるとゼラチン成分がでてくるので、あとからスープなどに使うこともできますし、成型するときも皮を内側にすると肉同士がきちんとくっつきます。外側にすると加熱調理したときの食感がよくなります。
※茹でないぶん旨みは鶏肉に閉じ込められますが、塩抜きをしっかりしておかないと塩辛くできあがってしまいます。
※「5」の電子レンジは600wを使用してます。ワット数、成型時の厚みによって加熱時間は違ってくるので注意してください。鶏肉2枚だと600wで約6分加熱になります。
※「6」で冷ますときは必ず蒸し汁ごと冷まします。こうすることで鶏肉の旨みが閉じ込められます。


【茹でて作る場合】
「4」工程までは同じです。
「5」以降は鶏肉がひたひたに浸かるくらいの水を鍋に入れ、沸騰したら鶏肉を入れ、再度沸騰するまで煮たら火を消してそのまま6時間~8時間蓋をしたまま冷やします。(※熱い時期は茹で汁ごと冷蔵庫に)
その後鍋から取り出して、ラップをした状態で冷蔵庫で半日~1日寝かせたら完成です。
「4」工程の段階で鶏肉はラップに包まれてますが、ラップなし、タコ糸だけでもできます。
その場合「ゴールデンスープ」という美味しいスープは取れますが、水に触れてる部分が若干茹で鶏みたいな感じになりますし、旨みや塩分はスープに逃げてしまいます。
ラップに包むと直接水に触れることがないのでスープは取れませんが旨みは鶏肉に閉じ込められます。
ただしこの場合は電子レンジで作るとき同様、しっかりと塩抜きをするようにしてください。
どちらでもお好みの方法で加熱されるといいと思います。

【オーブンで作る場合】
「4」工程で、アルミホイル、タコ糸だけでしばります。
「5」以降は100℃~110℃に予熱したオーブンで 30分~40分(途中1回裏返す)じっくりと焼きます。
焼き上がったら冷めてからそのままの状態で冷蔵庫に入れ、食べるまで保存しておきます。
こちらも塩抜きはしっかりとするようにしてください。

他にも炊飯器や圧力鍋などでもできるようですが、私は試したことがないので作り方がよく分かりませんアップロードファイル
どの作り方でも基本的なことは同じだと思います。
最初の寝かせで塩をたっぷり塗りこんだ場合は、その分塩抜きの時間も長くなります。
タコ糸だけで縛る場合は塩気が抜けることを考えてちょっと辛いかな?くらいで、ラップで包んでしまう場合は塩気は中に残りますので辛いと感じない程度まで塩抜きした方がいいです。
うちは今回3日寝かせて2時間塩抜きしました。
タコ糸での縛り方は結構適当でも大丈夫!指
私も正式な縛り方なんて知りませんが、ラップでキャンディー状にしてからとりあえず両端はきっちりと、あとは真ん中の方をグルグルグルグルきつめに巻くだけでOKOK
使ったタコ糸はほどいて煮沸消毒、次回また使用させていただきます。
切ったときにほんのりピンク色っていうのが美味しそうだと思いませんか?(お腹壊さないから大丈夫ですよ笑
ピンク色が気持ち悪いって場合は加熱時間をもう少しのばしてくださいね。
スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。