料理下手さんの簡単レシピ
料理苦手&料理嫌いな私が簡単シンプル料理をご紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手打ちうどん-わさび・生姜・柚子こしょう-
          手打ちうどん(わさび生姜柚子こしょう)


材料 
強力粉 138g
薄力粉 113g
水 102g
特選生わさび 12g
打ち粉 適量

作り方
1.水に生わさびをよく溶かしておく。
2.強力粉と薄力粉を合わせてよくふるったものをボウルに入れ、その中に「1」を一気に入れる。
3.ボウルの底から粉を持ち上げるような感じで粉全体に水をいきわたらせる。(「水回し」をする)
4.水が全体にいきわたったら生地をひとまとめにする。
5.ビニールの袋などに入れ、約30分、常温で生地を寝かせる。
6.寝かせておいた生地を袋の上から足で踏み、途中何回か生地を折りたたみながら10分~15分くらい踏み続けたら、1時間寝かす。
7.寝かせた生地を同じように10分~15分くらい、途中何回か生地を折りたたみながら足で踏む。
8.「7」を麺打ち台の上にのせ、しっかり打ち粉をしながら2mm程度の厚さに伸ばして切る。

「“ジャパニーズねりスパイス3種”レシピモニター」の当選商品を使って手打ちうどん3種類を作ってみました笑う
レシピは生わさびについてだけですが、生わさびを生しょうが、柚子こしょうにかえるだけで3種類作れます。
実物をよ~く見ると、柚子こしょう(右下)には粒粒があり、わさび(左下)はうっすら緑色、生姜(真ん中)はかすかに生姜の繊維が見えます。
ちょうどキッチンの電球が切れて換えたまでは良かったんですが、電球の色がちょっと赤っぽいのだったので写真の色がおかしくなっちゃいました。(多分これから電球換えるまでずっとかな・・・)
作った本人(=私)にはこの写真でも違いが分かるんですが、きっと私以外の人には分からないだろうな~苦笑い
茹でるとこんな感じ。
手打ちうどん(わさび生姜柚子こしょう2)

左から柚子こしょう、わさび、生姜になります。
茹でる前も茹でたあとも「違い、分かる?」って訊いたら、写真じゃなくて実物なら分かってもらえました笑
肝心の味については予想してた通り、わさびの味が消えちゃってました。
香りだけは残ってるんですが、わさびのツ~ンとした辛さは案の定って感じでしたねアップロードファイル
柚子こしょうと生姜についてはバッチリ!
さっぱり風味に仕上がってました。
冷やしで食べたんですが、冷やしは私はいつもわさびを入れて食べるのでかすかに期待もしてたんですが、今後は練りこまずに今までどおり溶いて食べることにします笑
ちなみにうちは普段からこのスパイスシリーズ愛用で、冷蔵庫にはこの3種類以外のスパイスもスタンバってます。

3つのスパイスの中で一番気に入ったものは・・・・難しいですね。
正直どれも好きだし、どれも違う味や香りなので根本的に比べるってこと自体難しい!
それに今回のうどんのように、同じ料理でも生きるスパイス、効果が薄れるスパイスなどあるので、これが一番っていうのは決めかねてしまいますうーん
ただ気に入ったものというより、どれを買いますか?っていう質問なら「①生姜②わさび③柚子こしょう」です指
これは好き嫌いの問題じゃなくて、実際料理に使う頻度として考えた場合、うちではこういう順位になります笑う

レシピブログの、[特選]ジャパニーズスパイスでアイディアレシピ☆
スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。