料理下手さんの簡単レシピ
料理苦手&料理嫌いな私が簡単シンプル料理をご紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乳化とは
ペペロンチーノなどのパスタを作るときオイルに塩を入れますが、ただ塩を入れただけでは塩は溶けません。
オイルに塩を入れても溶けないようになってるんですね。
でもオイルに塩味をつけたい、そういうときにお湯(パスタの茹で汁=塩味)を加えてよくかき混ぜます。
よくかき混ぜることでオイルとお湯が混じりあってうっすら白っぽい、とろっとした液体に変わります。
ここで重要なのは”よくかき混ぜる”ことです!
実際にしてみるとすぐ分かると思いますが、オイルにお湯を入れただけだとまだ”水と油”で分離したままの状態です。
でもこれに振動を加えたり、かき混ぜたりすると段々白っぽくなってきてとろみがついてきます。
これが「乳化」です。
ちなみに乳化したものを「エマルジョン」って言うそうです。
乳化することでソースの味が均一化されるし、とろみがでることでパスタにも絡みやすくなります。
ということで、当然パスタも美味しくなるんで乳化はさせてくださいね。
スポンサーサイト

テーマ:手作りごはん - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。