料理下手さんの簡単レシピ
料理苦手&料理嫌いな私が簡単シンプル料理をご紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
点心の皮について
餃子(ギョウザ)、焼売(シュウマイ)、雲呑(ワンタン)etc・・・
皮が使われてる中華料理って沢山ありますよね!
私はどれも大好きなんですが、ギョウザの皮、シュウマイの皮、ワンタンの皮、違いは何だろう? て思いませんか?
家で皮から作ろうと思うとどうしてもこの疑問にぶつかっちゃいます。
と言うことで指
私は聞いても忘れっぽいのでメモっとくことにしました笑
同じように気になる人は参考にしてください。

焼き餃子
強力粉(もしくは強力粉+薄力粉)、塩、熱湯は必需品!熱湯を加えることで粉の臭みが消えます。これにラードを加える場合もあります。

水餃子
強力粉、薄力粉、水を使います。焼き餃子の皮と違って水で捏ねるので注意!熱湯で捏ねると茹で上がったときに皮が黒ずんでしまいます。これに塩、ラードを加える場合もあります。

蒸し餃子
薄力粉、熱湯、ラードを使います。薄力粉だけを使うことでやわらかな口当たりになります。

澄麺皮
浮き粉、片栗粉、熱湯を使います。漢字からも分かるように透明感のある皮ができます。浮き粉は小麦粉と違ってのばすことができないので生地を平らで大きな包丁を使って上から押さえつけてのばします。

焼売
材料的には餃子や雲呑と変わりはありませんが、皮の中では一番薄いです。皮とあんとの間に隙間があると蒸しているときに肉が収縮して皮がはがれてしまいますので、ぴったりと包める(密着できる)ように皮はやわらかめに作ります。

雲呑
昔、中国では雲呑のことを餃子って呼んでた時期があるくらい、両者の違いはあまりないそうです。皮の作り方、材料もほぼ同じ。違うのは雲呑は茹でるのでコシを出すためにかん水を使うこと。かん水はラーメンなどの中華麺を作るときにも使いますね!

春巻き
やわらかく練った小麦粉を熱した鉄板に押し付けてすばやく引き離し、鉄板に残った生地が本来の春巻きの皮だそうですが、これを作るのはかなり大変で技術が必要!お店でも市販品を使ってるところが多いようです。

点心をおいしく蒸すコツは蒸すときに均等に並べること、蒸し過ぎないこと、強火で蒸すことです指
均等に並べないと水蒸気が同じようにまわらないせいで熱の伝わり方にムラができてしまいます。
蒸しすぎは余分な水分が発生してしまい、ベタベタした仕上がりになってしまいます。
蒸す際に火力を弱めてしまうと途中で水蒸気が消えてしまい、それが水滴となって表面につき、水っぽい仕上がりになってしまいます。
ただ、火力に関しては「基本的には強火」ということなので、絶対強火以外はダメ!ということではありません。

皮の違いを全部覚えるのも蒸し方を覚えるのも大変´д`トホホ
皮の具体的な粉の配合やレシピについては「コレ」と言った100%のものはありません(多分ですがアップロードファイル
自分で色々配合を変えてみて好みのかたさ、食感を見つけてください!
基本的に強力粉が多ければかたく、薄力粉が多ければやわらかくです。
餃子の皮を薄力粉100%で作るレシピもあるくらいですから、ほんとお好み次第ですね笑う
スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。