料理下手さんの簡単レシピ
料理苦手&料理嫌いな私が簡単シンプル料理をご紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
源氏パイ
          源氏パイ


材料
パイ生地 強力粉 75g
      薄力粉 75g
      バター 40g
      塩 1g
      冷水 75g
バターシート バター 90g
        強力粉 10g
卵黄 1個分
バニラオイル 数滴
グラニュー糖 適量

作り方
1.ラップにバターと強力粉をのせ、すきまからこぼれてこないようにピッタリ閉じてから麺棒で伸ばす。
2.伸ばしては折り、伸ばしては折りを数回繰り返し、バターと強力粉が馴染んだら正方形にととのえ、冷蔵庫に入れて冷やしておく。
3.強力粉、薄力粉、塩を合わせてふるい、バターを加えてもみこむ。
4.さらさらの状態になったら冷水を加えて軽く混ぜる。
5.まだ粉っぽさが若干残る状態で丸めたらスケッパーなどで十文字の切り目を入れ、ラップにくるみ、さらにナイロン袋などに入れて冷蔵庫で2時間以上生地を休ませる。
6.休ませた生地を切り口から広げてバターシートより一回り大きい正方形に伸ばす。
7.伸ばした生地の真ん中にバターシートを置き、空気が入らないようにぴったりと生地を閉じてから軽く全体を麺棒でたたいて生地とバターを馴染ませる。
8.麺棒を使って上下に生地を伸ばし三つ折りにする。
9.生地を90度回転させ、再度上下に伸ばし四つ折りにし、ラップをしてから冷蔵庫で30分休ませる。
10.休ませた生地を上下に伸ばし三つ折りにする。
11.生地を90度回転させ、再度上下に伸ばし四つ折りにし、ラップをしてから冷蔵庫で30分以上休ませる。(パイ生地完成)
12.冷やした生地を3mm程度の厚みで長方形に伸ばし、バニラエッセンスと卵黄、水少々(分量外)を混ぜたものを伸ばした一面に薄く塗り、グラニュー糖を満遍なくふりかけ、上から麺棒で軽く押さえる。
13.真ん中を少しあけるように両端から中心に向かって2回ずつ折る。
14.真ん中で折りたたんで上から軽く麺棒で押さえ、ラップをしっかり巻いて冷蔵庫で30分休ませる。
15.「14」を1cm弱くらいに切っていき、輪の部分をキュッとつまむように持って、オーブンシートに置いたとき上になる面にグラニュー糖をつける。
16.180℃に予熱したオーブンで20分焼いたら完成。

※「3」はバターが溶けないようにスケッパーなど使うといいです。手でしっかりもみこむとバターが溶けてきてしまいますし、グルテンも発生してしまいます。
※パイ生地を伸ばす際、バターが少しでも溶けてきたと思ったら、無理して次の工程に進むのではなく冷蔵庫に入れて生地を休ませてください。バターが溶けると失敗の原因につながります。
※オーブンに並べるときは間隔をあけるようにしてください。焼いてるうちに膨れてきますのでくっつけて並べてしまうとキレイに焼き上がりません。うちのオーブンでは一回につき9個が限界でした。
※「15」でグラニュー糖をつけるときは上からふりかけるのではなく、グラニュー糖を小皿などにのせ、その中にギュッと押し付けるようにしてください。甘さ控えめなのが好きな方はこの作業は必要ありません。
※「15」の輪の部分はキュッとしといた方がきれいなハート型に焼きあがります。


一般的に「源氏パイ」で通じるお菓子ですハート(赤)
でも本当は「パルミエ(豚の耳)」っていうみたいえぇ
私は冷凍パイシートって買ったことがないんですけど、それを使えばもっと簡単にできます!
手作りパイ生地も沢山作りすぎたときは冷凍保存することができますよ。
使うときは冷蔵庫でゆっくり解凍してください指
今時期的にちょうどいいのか、キッチンの室温も折り込み作業をするには最適で、今日のパイ生地はかなり上出来ピース
むっちゃサクサクで軽いし、折り込みの層もきれいにでてました。
こういう折り込み系のお菓子(パンもですが)は室温も重要になってくるので、バターが溶けすぎず固まりすぎずのこの時期はほんと楽しいです笑う
スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。