料理下手さんの簡単レシピ
料理苦手&料理嫌いな私が簡単シンプル料理をご紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスパン
          フランスパン


材料(ミニフランス 1本)
強力粉 105g
薄力粉 45g
塩 3g
ドライイースト 1g
ぬるま湯 95
(モルトパウダー 1g)

※リスドォル(フランスパン専用粉)がなかったので強力粉と薄力粉のブレンド(強7:薄3)を代用しました。
※モルトパウダーはあれば入れた方がいいです。


作り方
1.強力粉、薄力粉、塩、ドライイーストをボウルに入れ、粉類全体が混ざるように軽く混ぜる。
2.ぬるま湯を入れ、カードを使って切るように混ぜる。
3.生地を軽く丸めてからラップをして15分おく。
4.生地を軽く丸め直してからボウルに戻し、ラップをしてさらに30分おく。
5.再度生地を軽く丸め直してからボウルに戻し、ラップをして2倍に膨らむまで発酵させる。
6.成型したら布取りをし、軽く湿らせた布巾をかぶせて30分~40分程度最終発酵。(ホイロ)
7.1.5倍くらいの大きさになったら、かぶせていた布巾をとり、表面の薄皮1枚乾燥させるような形にして、オーブンを250℃に予熱し始める。
8.予熱が終わったらオーブンシートにパンをのせ、クープを入れたらクープにバターをのせる。
9.オーブンに生地を入れ、すぐにオーブンの上部めがけて霧吹きをし、ふたを閉めて蒸らす。
10.約1分おきくらいにオーブン上部に霧吹きをしてふたを閉めて蒸らす。
11.クープが開いたら250℃で10分、200℃で20分焼成。

※生地を扱う際は全て丁寧にするようにしてください。
※今回は1個分なので分割してませんが、分割する際は分割後生地を丸め、台に置いてボウルをかぶせてから15分程度ベンチタイムをとってください。
※予熱の際、天板はオーブンの中(下段)に入れたままにしておいてください。下部(天板)が熱くなることが必要です。
※霧吹きをする際、生地に直接霧吹きはしないようにしてください。クープがかたまりそうになったら(=かたまる前に)庫内上部に霧吹きをします。
※「11」「12」で庫内の温度が下がってきますので、ときどきスイッチを入れたり切ったりしながら温度が下がり過ぎないようにしてください。


やっと開いてくれましたフランスパン
もう何回失敗し続けてたことか・・・・泣き1
最初にフランスパンにとりかかった頃、1ヶ月間毎日、1日1個~2個焼いてました。
30日分の失敗を全部写真に撮って配合、工程、焼成前、焼成後の違いetc、全部チェックしてました。
でも改善方法がさっぱり分からないせいか、段々途中からやる気が失せてきて苦笑い 最近では思い出した頃にたま~に作る程度になってしまってました。
それでもここ数日はまたフランスパン熱が再熱したので1日1個~3個作ってました。
昨日も作りましたが、昨日は失敗アップロードファイル
多分間があいてたとは言え、60個は軽く越えてると思います(失敗作がガーン
クラム(中の状態)はキレイなんだけど、見た目がフランスパンじゃない、と~ってもまずそうなのばっかりだったんですよね怖い
昨日失敗したときに1つだけ変えてみたいところがあったので、そこに注意して今日作ってみたところ見事成功、初成功ですキラキラ
一応クープが開いたってことは配合、工程的に大きな間違いはないってことだと思うので、これからさらに調整調整の毎日かな笑う
このレシピは捏ねないでできる簡単フランスパンなので、初心者でも、今までフランスパンに挑戦したことがない人でも大丈夫じゃないかなぁって思います。
なんたって失敗し続けてた私ができたくらいですから指
今日はとっても気持ちのいい1日になりそうハート(赤)
スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。