料理下手さんの簡単レシピ
料理苦手&料理嫌いな私が簡単シンプル料理をご紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食材の数の数え方
色んなレシピを見ていると材料によって数の単位が違いますよね?
よく使うものは分かりますが、たま~に見かける単位や、たまに使う食材など、「この単位はどれだけなの?」って思うときありませんか?
全種類じゃありませんが、レシピで見かける確率が高そうなものだけまとめてみました。
他にもまだまだあるよ~、知ってるよ~って人は是非教えてくださいね笑う

1個
じゃがいもやリンゴなど、丸い形をしたものを数えるときに使います。

1粒
苺や豆など丸い形をしたものを数えるときに使いますが、「個」よりさらに小さいものに対して使います。

1匹
魚(丸ごと)の場合によく使います。他に「匹」で数える食材がちょっと思いつきません・・・・

1尾
魚丸ごとという点では1匹と同じですが、こちらは尾までついた状態のものをさします。

1切れ
切り身の魚や切ってあるお肉に使われます。

1腹
魚の卵を数えるときに使います。1匹の魚の卵巣全部が「1腹」になります。

1本
大根や人参など細長いものを数えるときに使います。

1枚
油揚げや餃子の皮など薄いものを数えるときに使います。鶏肉などを数えるときにも使います。

1玉
玉ねぎやキャベツなどの結球する野菜や、丸めてある麺類などに使います。

1株
よく使う食材としては、ほうれん草や小松菜など、根っこの部分が1つに繋がってるものをイメージしてください。私もこのブログの中でよく「○株」って使ってますが、同じ「1株」でもえらい差があるときもあります。一般的な1株がどのサイズをさすのかはちょっと分かりません・・・・

1把
「わ」と読みます。1株単位の野菜をいくつかまとめたものです。1袋みたいなイメージでしょうか?

1束
把とほぼ同じ意味です。「把」は株単位をまとめたものでしたが、「束」は株単位以外のもの、(例えば細長い長ねぎなど)束ねたものすべてをさします。

1丁
お豆腐を数えるときに使います。

1柵
短冊にされたお刺身を数えるときに使います。

1かけ
にんにくや生姜などいくつかがまとまって1つの形になっていますが、その1つ1つをさします。「1球」、「1片(へん)」とも言います。

1節
レンコンなど節のある野菜に使います。

1棹
「さお」と読みます。羊羹を数えるときに使います。

1杯
液体を計量スプーンや計量カップなどで量るときに使います。

1升
「しょう」と読みます。醤油やお酒などの液体類(1升=1.8L)やお米などを量るときに使います。

1斗
「と」と読みます。1升の10倍ですので液体類18Lのことをさします。

1合
「ごう」と読みます。1升の1/10で、約180cc、約150gと同じです。
スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。