料理下手さんの簡単レシピ
料理苦手&料理嫌いな私が簡単シンプル料理をご紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だしの取り方
料理下手な私はあまり「だしを取る」ってことしないんですけど、たまにはだしを取って作りたいときっていうのがあります(ほんとたまになんですが・・・・)
でも「だし」って一言で言っても、鰹節、昆布、椎茸などなど、だしの素になるものは沢山ありますよね。
ということで指
色んなだしの取り方についてまとめてみましたので、だしの取り方がいまいち分からないときの参考にしてみてください笑う

【鰹節だし】
材料
水 500cc
鰹節 20g

1.鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したら鰹節を一気に入れる。
2.煮だったら弱火にし、アクを取りながら3~4分煮出し、ペーパータオルなどで静かに漉して完成。

【昆布だし】
材料
水 500cc
昆布 15g

水出しの場合
1.昆布の表面をかたく絞ったふきんなどで軽く拭く。
2.「1」の昆布を一晩水につけておく
※夏場は冷蔵庫に入れてください。

煮出しの場合
1.昆布の表面をかたく絞ったふきんなどで軽く拭く。
2.20~30分程度水につけ、戻す。
3.戻ったらアクを取りながら中火にかける。
4.沸騰する直前に昆布を取り出して完成。

【鰹と昆布の合わせだし】
材料(一番だし)
水 500cc
花鰹 15g
昆布 10g

水出し法
1.昆布の表面を軽く拭き、一晩程度水につけておく。
2.昆布を取り出し火にかけ、沸騰したら少量の差し水をして温度を下げる。
3.花鰹を入れ、沸騰したらすぐに火を止めて、アクを丁寧に取る。
4.花鰹が沈み始めたらペーパータオルなどで静かに漉して完成。

煮出し法
1.昆布の表面を軽く拭き、火にかけ、昆布が浮いてきたら取り出す。
2.昆布を取った状態で沸騰させ、沸騰したら差し水(25cc程度)をして温度を下げる。
3.花鰹を一気に入れ、沸騰したらすぐに火を止めて、アクを丁寧に取る。
4.花鰹が沈み始めたらペーパータオルなどで静かに漉して完成。

※水出し法・煮出し法ともに「4」では無理やりギューッと絞らずに自然に漉してください。無理やりに絞ると臭みがでたり、折角のだしが濁ったりしてしまいます。

材料(二番だし)
一番出しを取った材料の残り
水 500cc
花鰹 3g

1.水と一番だしをとった残りの材料を強火にかける。
2.沸騰したら弱火にして10分程度煮て、花鰹を入れる。(追い鰹)
3.火を止めてアクを丁寧に取り、花鰹が沈み始めたらペーパータオルなどで静かに漉して完成。

【煮干だし】
材料
水 500cc
煮干 10g

1.煮干の頭と内臓を取る。
2.水に煮干を入れ20~30分つけておく。
3.「2」を強火にかけ、アクを丁寧に取ったら火を止め、ペーパータオルなどで漉したら完成。

※煮干の頭と内臓を取ったあとに乾煎りすると香りがよくなります。
※時間があれば煮干を一晩つけてください。


【椎茸だし】
材料
水 500cc
干し椎茸 10g

1.椎茸をサッと水洗いし、水に一晩つけておく。
2.ペーパータオルなどで漉して完成。

※椎茸だしはあまりこれだけで使うってことはないので、他のだしと合わせて使ってみてください。

ちなみに・・・・
うちではだしを取らないときは味の素さんの「ほんだし」を使ってます。
これは水(またはお湯)600ccに対して小さじ大盛り1杯(4g)が使用の目安なんだそうです。
あまり正確に量って使ったことはない・・・・かなぁ笑
スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
だし取り
恥ずかしながら・・・だしってほとんど取らないです(汗)
お料理教室に通っていた時は、お味噌汁や煮物を作る度にだしをとったものです。
あれも、皆でワイワイやるから、面倒くさく感じなかったんでしょうね~。
2008/02/18(月) 20:04:09 | URL | ひめひめ #-[ 編集]
同じくです
私もほとんど「ほんだし」活用しちゃってます。
たま~に、だしから作ろうかなって思うときがあるんですけど、思ったときに行動しなきゃダメですね。
ちょっと間があくと「いいや、ほんだしで」になっちゃいますi-229
基本的にめんどくさがりやなんで、簡単にできる方法があるとどうしてもそっちを選んじゃいます。
2008/02/19(火) 08:08:20 | URL | sato #qXoO00gE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。