料理下手さんの簡単レシピ
料理苦手&料理嫌いな私が簡単シンプル料理をご紹介!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラングドシャ・シガレット
          ラングドシャシガレット


材料
薄力粉 60g
バター 60g
卵白 60g
砂糖 70g
バニラオイル 少々

作り方
1.バターをクリーム状に練り、砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜる。
2.卵白を少しずつ加えて、そのつどよく混ぜる。
3.ふるった薄力粉、バニラオイルを加えて、捏ねないようにざっくりと粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
4.クッキングシートなどに1mm程度の厚みで生地をのばす。
5.180℃に余熱したオーブンで5~7分、焼き色がつくまで焼く。
6.焼きあがった生地を箸などに巻きつけて筒状にしたら完成。

※卵白は必ず少しずつ加えてください。
※「5」の焼き時間はオーブンによってかなり誤差が出ると思います。うちは最低5分、長くて7分弱かかりました。目安は生地のふちに焼き色がついてきたらOKです。


初めて作りましたが・・・・難しかった~ガーン
生地作りはなんてことなかったんですが、焼くのがね。
うちのオーブンは古い機種で、中心部分だけが熱の伝わり方が早いんです。
だから生地の全体を均一に焼くのが難しかったことと、1mm程度まで薄く生地をのばすっていう点、この2つが難しかったです。
巻くのは箸の細い方を使うようにして、生地の中心を押しながら巻いてけば写真の形になります。
ちなみに四角い箸を使っても丸くなりますよ(うち、四角ですから笑
生地はほんと、薄くのばさないと折角きれいな焼き色がついてもパリパリサクサク感がでません。
ふちはサクサクなのに中心は湿気たような重~い食感になります。
うちのオーブンは5分を過ぎたあたりから焼き加減に差がでてきます。
だからそこから先はつきっきりで庫内チェックをしながら、生地の向きを変えてました。
色々失敗と試行錯誤をした結果、生地を天板が熱いうちにのせて溶かしながらのばすこと、焼きムラをなくすこと、きつめに箸に巻くこと、これに気をつければ写真のようなのができることが分かりました指
スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
美味しそう♪
satoさん、こんばんは☆
これ、美味しそうですね~♪
ヨックモックで似たようなお菓子がありますよね。
あんな感じのお味ですか?
ひめひめ大好きなんですよー。

お菓子作りは今年力を入れたいと思っていたので、参考にさせていただきますね~v-238
では、1拍手。ぽちっ。
2008/02/01(金) 19:41:32 | URL | ひめひめ #-[ 編集]
そうです、ヨックモックにもありますね!
食べたら軽くてサクサクしてて甘いです。

「ラングドシャ」自体は色んな形であるみたい(味は同じ)ですが、
この形はやっぱり可愛いと思うんですよね~i-80
○や□にしてチョコレートをぬれば、
バレンタインデーにも使える簡単お菓子だと思います。
筒状にするより○□の方が断然楽ですし・・・・

焼き加減の調節でパリパリってなるか、バリバリってなるか、
違ってくるみたいですよi-236
2008/02/02(土) 13:27:06 | URL | sato #qXoO00gE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。